本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3881-2553

〒120-0034 東京都足立区千住3-76

治療方針policy&FAQ

治療方針

方針イメージ

内科診療に関しては、インフォームドコンセント(説明と同意)が最も重要であると考えています。インフォームドコンセントとは、医師からは十分な説明を受けて患者さんが病状を正しく理解し、納得して同意することです。
患者さんは皆それぞれの不安を抱えて診療所を訪れます。
診察をして検査や薬を処方するだけが医師の仕事ではありません。
医師は簡単な言葉で患者さんの理解を確かめながらゆっくり説明をします。
そして患者さんは納得できる治療法を選択し、同意します。
医師が治療法を決めるのではなく、かといって患者さんにすべてを決めてもらうのではなく、ともに考える医療です。
そして医師と患者さんの信頼関係は、ここから生まれてくると私達は考えています。

治療の流れについて

  1. 初診

    待ち時間を短くするためには電話でご予約されることをお勧めいたします。また初診の方は、必ず保険証をご持参ください。
  2. 問診

    現在の症状・不安な事等を細かく伺います。また治療に対してのご希望などもお伺いします。
  3. 診察

    診察をさせていただきます。検査が必要な場合にはその理由も丁寧にわかりやくすくご説明します。
  4. 治療計画の提案

    高血圧・糖尿病などの生活習慣病は、まず保健指導をしっかり行います。改善が無い場合には服薬指導などをいたします。
  5. 保健指導・治療

    患者様の希望に合わせた治療を、一緒に考えながら行っていきます。もちろんジェネリック医薬品などもご希望があれば取り入れていきます。

FAQ よくあるお問い合わせ

ジェネリック薬とは何ですか?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、これまで効果や安全性が実証されてきた新薬と同等と認められた低価格なお薬です。 (厚生労働省ホームページより)
※医薬品には、商品名の他に有効成分名を示す一般名(generic name)があります。 一般名は、世界保健機関WHOに登録されている世界共通の名称です。欧米では後発医薬品の処方が一般名で行われることが多いため、日本でもジェネリック医薬品(generic name drug)と呼ぶようになりました。

インフルエンザワクチンはいつ頃接種するのがいいですか?

インフルエンザは例年12月〜3月頃に流行します。また、ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要することから、毎年12月中旬までにワクチン接種を受けることが望ましいと考えられます。


浅川医院
浅川医院

〒120-0034
東京都足立区千住3-76
TEL 03-3881-2553
FAX 03-3881-2242